旅行する際に費用を抑える方法とは(garagers)

- 費用を大幅に下げることができJALの株主優待チケット

費用を大幅に下げることができJALの株主優待チケット

MP900341717株式の取引は、今や証券取引会社に勤めている企業のためだけのものではなく個人での株取引も当たり前になりつつあります。
そんな、個人株主にとって気になるのは株主としての特典ではないでしょうか。
その中でも航空会社の株主優待チケットはその見返りが非常に大きいので注目所です。
最近、利用費自体こそ値下がりして来たとは言え旅行シーズンや休暇シーズンなどはやはり値段も跳ね上がりますのでどうしても一回にかかる費用が大きいです。
しかし、株主優待チケットを利用すればその費用を大幅に下げることができますので非常に使える物の一つになっていると思います。
たとえば、航空会社のJALなんかは一度上場を撤退しましたが上場を再開してからは株主優待チケットも出すようになりました。
他の航空会社と比べると、やはり割高になりがちではあるのですが100株から配当が貰えるというのはありがたいことではないでしょうか。
値引きは、ANA株主優待券買取ならACチケットの半額になっていて年に2回の配当があるのですがこの配当の形が少々変わっているんです。
JALの配当は、3月と9月にあるわけなのですが3月の配当は100株を持っていれば1枚の配当があるのですが、9月の配当は200株以上の株主を対象としているのです。
ですから、100株の株主だと年に一度の配当しかないということなんです。
そういう意味あいでも、若干利回りが他社の航空会社に比べるとどうしても低くなってしまうのですが航空チケット代金と照らし合わせるとやはり最終的な利用料金が安くなるというのは魅力の一つではないでしょうか。
ほかにもツアー料金の値引きなどもありますので、休暇シーズンに旅行をしたりするのが趣味な人にはお勧めの株主優待チケットを出しているのがJALです。
MP900313787ほかにも、100株で1枚が配当ではありますがそれ以外にも継続して株を保有していると株のもち数に応じて追加での株主優待チケットが配当されますので、継続して株主になっておくというのもお得ですね。
何しろ、航空チケットが半額で購入することができるというのはかなり大きなサービスではないでしょうか。
普通に考えるだけでも1回あたりで多ければ1万円単位での値引きがされるわけですから旅行が趣味な人や、飛行機移動が仕事柄多い人なんかは株主優待チケットを目的にして株を購入してみるというのもいいのではないでしょうか。
航空会社は今どこも軒並み競争が激しいので株価の上がり下がりも激しいのでチャンスかと。